ヴァリューワールドスタッフの海外旅行コラム

ハワイ・アメリカ・カリブ・フィリピンリゾートが得意な旅行会社です。新婚旅行や妊婦さんの旅行、ファミリー&三世代旅行などなど気を付けることやおすすめなどをコラムってます。やっぱり海外旅行は楽しいですよ♡

*

憧れの街ニューヨークの楽しみ方♡

      2015/08/10

ニューヨークに行く!

ファッション、エンターテインメント、ビジネス、グルメなど、世界の流行を発信するアメリカ最大の都市ニューヨーク。はじめてこの街を訪れるなら、まずは定番観光スポットを巡るのがおすすめです。歴史的建造物や世界最高と言われる夜景など、限られた旅の時間の中で、さまざまな角度からニューヨークをたっぷり楽しんでみてはいかがですか? ここでは、憧れの街ニューヨークの楽しみ方を詳しく紹介していきます。

ニューヨークのシンボルを見たいなら【自由の女神像】

自由の女神は見ないとね

ニューヨークシティ湾中央に浮かぶリバティ島にそびえ立つ『自由の女神像』。 1880年にアメリカ合衆国の独立100周年を記念して作られて以来、アメリカ合衆国の自由と民主主義の象徴として人々に愛されてきました。

遠くから全体像を眺めても美しい自由の女神像ですが、ニューヨークを訪れたのなら一度は間近で見ておきたいもの。女神像が建つリバティ島までは、マンハッタン南端のバッテリーパークから出航しているフェリーを利用します。リバティ島まではおよそ15分程度で到着。自由の女神像内に入ることはできませんが、台座部分の展望台に入園して内側から構造を見学するツアーも人気です。

ブロードウェイミュージカルを堪能したいなら【タイムズスクエア

人種の坩堝 タイムズスクエア

ニューヨーク市内のミッドタウンにある「タイムズスクエア」 は、世界一華やかな交差点として有名な観光スポットです。とりわけ有名なのが大晦日のカウントダウンイベント。100年以上続く歴史あるイベントには世界中から大勢の観光客が集まります。イベントの目玉は、「ニューイヤーズ・イブ・ボール」 。

年越しまでの1分間でクリスタルの巨大なボールがゆっくりと下りてくる様子は、その場にいる人しか味わうことのできない感動的な光景です。ただし、このイベントに参加するためには、遅くても午後4時前から真冬のミッドタウンに並ぶことは避けられず、完璧な防寒対策と忍耐が求められます。

夜景に酔いしれたいなら【エンパイアステートビル

エンパイヤステートビル

観光客だけでなくニューヨーカーからも愛されている「エンパイアステートビル」
は、自由の女神像と並ぶニューヨークのシンボルです。86階にある展望台は観光スポットとしても人気で、320mの高さから見渡す摩天楼の夜景は、ため息の出るほどの美しさ。ロマンチックでゴージャスな時間は一生忘れることのできない思い出となるはずです。

展望台に行くためには、まずはエスカレーターで2階へ。荷物検査を受けたあとチケットを購入します。チケット売り場からはエレベーターに乗り、およそ1分かけて80階を目指します。そこからエレベーターを乗り換えて86階の展望台へ。チケット売り場は観光シーズンには大変混雑しますが、長蛇の列に並ぶのが苦手という人はエクスプレスチケットという追加料金を払うことで、列に並ばずに展望台へ行くことも可能です。

ちょっと一息したいなら【セントラルパーク

セントラルパーク

ニューヨークの高層ビル群の中にある「セントラルパーク」 は、年間およそ2,500万人の人が訪れるアメリカ最大規模の都市公園です。自転車をレンタルして広大な園内をのんびりサイクリングしたり、ガイドと一緒に公園内をウォーキングしたり、豊富なアクティビティを楽しめるのもセントラルパークの魅力です。

園内を歩いていると方向が分からなくなってしまうことも珍しくありませんから、ビギナーは案内所で地図をもらって大通りからはずれないようにするのがおすすめです。
人気スポットを巡るなら、公共機関の利用はマストです。しっかりと区画整理されたニューヨークは観光のしやすい街ではありますが、不安な方には効率よく定番スポットを巡ってくれる現地のミニツアーを利用するのもおすすめです。

 - アメリカの情報